日本で手に入れたい国際ブランドVISAやMasterのクレジットカード

海外で使えるクレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドというのは、その国だけでなく世界中で使えるクレジットカードブランドのことを言います。
国際ブランドでは、VISA(ビザ)とMASTERCARD(マスターカード)の二つが最も有名なものです。
ほかにもAMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)、DINERS CLUB(ダイナースクラブ)、JCB(ジェイシービー)というものがあり、この5つが主に利用されています。
最近では、中国発のユニオンペイ(中国銀聯)も広がりつつあります。
さらに北米を中心に普及しているディスカバー角なども準国際ブランドとして知られています。

安心感がある国際ブランドはVISAとMaster

これまでいくつかの国際ブランドを取り上げましたが、実際には世界のカード発行数の9割以上がVISAとマスターカード(MASTER CARD)なので、このどちらかもしくは両方のカードを持っていれば事足りるのが現状です。
日本で発行されているクレジットカードも、VISAかMasterカードのどちらかを国際ブランドとして選べるようになっています。
JCBもある程度国際ブランドとして有名になってきていますが、日本人の良くいく観光地以外ではいまいち普及していないので、JCBのみの国際ブランドでは決済できないこともあります。

複数枚の国際ブランドのクレジットカードを持とう!

クレジットカードを複数持っている人は、1枚目はVISA、2枚目はMASTERカードというようにしておけば、どれも使えないといった事態は起こらないはずです。
もちろん国内で発行されたクレジットカードでも、VISAやマスターカードと提携していれば問題なく海外で使うことができます。特別な手続きは必要ないので、安心です。
これからクレジットカードを作る人で、将来海外旅行を計画していたり、海外の通販サイトなどを利用する人は、国内ブランドと一緒にVISAやマスターカード、JCBの提携カードを作っておけば安心です。”